ホーム20147月
お知らせ

2014年7月の記事一覧

2014年7月24日

「おもてなしサミット」(呉善花氏ご講演)のおしらせ

















*「おもてなしサミット」(呉善花先生ご講演)のおしらせ*
来る第26回夏季中高生セミナーにおける公開行事、「おもてなしサミット」(講師:呉善花先生)のご案内です。
「おもてなしサミット」のみ公開行事として一般の方もご参加頂けます。
まほろば教育事業団の教育事業にご協賛頂いた方へ招待状をお送り致します。(先着30名様)

<公開行事>「おもてなしサミット」※先着30名様
日時:8月10日(日)19:00~21:00
会場:青少年野外活動センター友愛の丘(京都府城陽市寺田南中芝80)
アクセス→http://yuai-no-oka.org/index.php?page=7

協賛募金 個人(1口~)3,000円 法人(5口以上)
【ゆうちょ銀行への振込】(口座番号)00100-7-333669(名義)まほろば教育事業団
【三菱東京UFJ銀行】渋谷明治通支店(口座番号)3939413(名義)特定非営利活動法人まほろば教育事業団

合わせて、中高生セミナーの参加もまだまだ受け付けております。(7月末日締め切り)
お知り合いの方に中高生がいらっしゃる方は、ぜひお声かけください。

※「おもてなしサミット」って?
中高生セミナーでは、志を立て、公のために尽くしたリーダー達に接し、日本人の生き方を考え、さらに真の国際人とは何かを深めて参ります。
とりわけ、世界との関わりの中で日本の伝統文化を体して独立自存の精神を持って世界との友好関係を結んでいくリーダーに毎回学んでいます。
今回は、世界が今日本に何を求めているのか考え語り合う「おもてなしサミット」を開催します。
第一部では、特別講師として呉善花先生をお招きして、学んでいきます。
呉善花先生は、『世界を救う智恵は、日本の中にある。私は日本に絶対的信頼を置いている。いまの日本のことではない、伝統の日本。日本の歴史と文化と伝統を掘る中からしか世界を救う道は見えてこない』と述べておられます。(『「おもてなし」の心が世界を救う』明成社刊より抜粋)
世界的な視野から日本の伝統文化の価値を評価し、伝えてこられた先生ならではの視点で再発見する日本は、これからの日本を切り拓いていく10代の若者の世界を大きく広げていくでしょう。
第二部では、呉善花先生と高校生友の会「呉竹」のメンバーのディスカッションの中で、国際社会の中で日本人としてどのような志を持って生きていくべきかを深めて参ります。

2014年7月10日

第3回家族の絆短冊コンテスト

第3回家族の絆短冊コンテスト

 

 

 

 

 

今年も、師岡熊野神社の星祭で、家族の絆短冊コンテストを開催しました。

地元の小学校をはじめ神奈川県下、また、全国より作品をお寄せ頂いた皆様ありがとうございました。

心配された雨もあがり、社頭を美しく飾る数千枚の短冊の中、お寄せ頂いた短冊も本殿ちかくに掲げさせて頂き、家族を思う言葉が響きあうようにゆれ重なって、親子づれや子供達に「家族っていいなあ」という思いを伝えてくれました。

 俳句や短歌形式、また、子の5・7・5に親が7・7でかえす連歌形式など様々な短冊が寄せられ、ここでは選考作品をご紹介します。

第3回家族の絆短冊コンテスト 入選

選考委員 大阪国際大学 松井嘉和教授  師岡熊野神社 石川正人宮司  明星大学 高橋史朗教授 神奈川県公立小学校教諭 江崎佳伊子

ページトップに戻る