ホーム20138月
お知らせ

2013年8月の記事一覧

2013年8月19日

夏季中高生セミナーin伊勢のご報告

第25回夏季中高生セミナーin伊勢は、全国から36名の中高生が集い、大成功に終わりました。
ご支援、ご指導頂いた皆様、誠に有り難うございました。
ご遷宮の年に伊勢で学ぶことができ、子供達のキラキラ輝く心が表し出され、磨かれていったかけがえのないセミナーとなりました。
感動を四日間を、写真と創作和歌で振り返ります。












           ↑瀧原宮にて
◎伊勢神宮を参拝しての思い出
・遷宮の歴史の長さは日本の神を尊ぶ心からきた
・神様を尊ぶ心伝えたい今の日本をよくするために
                (中学二年男子)
・遷宮を裏から支える匠の技千年続いた技に驚く
・伊勢の地で神々の力頂いて昔の自分を越えた気がする
                (中学二年男子)
・御心は国民全て包みこみ知らず知らずに我等守られる
                (中学三年男子)
・参道で気持ちを整えただ歩く静かに響くは玉砂利の音
                (中学三年女子)
・私達ひとりひとりの幸せを天照大御神様見守って下さる
                (中学三年女子)
・いつの日も僕の頑張り見てくれる天照様へ感謝忘れじ
                (高校一年男子)
・神様がお住まいになる内宮は身も心にも力が伝わる
                (高校一年女子)











    ↑皇學館大学の新田均先生のご説明











↑皇學館大学の松浦光修先生のご講話










↑瀧原宮の森氏のご説明


◎天岩戸開き大会(キャンプファイヤー)の思い出
・燃え上がる炎の力もらいうけ将来の夢仲間に宣誓
・将来はここで学んだこと生かし本当の歴史を伝える教師に
                (中学二年男子)
・大声で自分の抱負を表現す友を見ると心がもえる
                (中学二年女子)
・叫び出す友の目標聞きたりて心温まる我が胸の奥
・楽しくて幸せな時間過ぎていくああこの時が止まればいいのに
                (中学三年女子)
・火を囲み将来の夢語り合う必ず作るぞ楽しい学校
                (高校一年男子)

 






















 

◎両親への感謝の思い

 

・手紙読み母の気持ちが伝わった今度は私が伝える番だね
                (中学一年女子)
・疲れてるしかし元気な顔してるあなたを見ると我も笑顔に
                (中学二年女子)
・一日中我が家のために汗流し我が子育む事に感謝せん
                (中学三年男子)
・ありがとう生んでくれてありがとう母に一言今伝えたい
                (中学三年女子)
・朝早く弁当・洗濯ありがとう感謝の気持ち忘れざらなむ
                (高校一年男子)
・お父さん「ごめん」の一言出ないけどいつもいつも感謝してるよ
・父さんがこんなに思ってるなんて知らないでいつも反抗してごめんなさい
                (高校一年女子)
・母からの愛のこもった手紙読み胸あつくなり涙あふるる
・気をつけて帰ってきてねの一言に愛情感じただただ感謝
                (高校一年女子)
・我のため何があっても職場行く力強き愛に涙止まらず
・辛くとも我が真っ直ぐ生きれるは真っ直ぐ進む母の背ありて
                (高校一年女子)
・おかえりとほっとおちつく一言が私の心をいやしているよ
                (高校一年女子)
・あたたかな家族のもとへ産まれおち育ててくれて感謝してます
                (高校二年男子)
・いつもみる父の姿の偉大さを尊敬しつつもいつか追い越す
                (高校二年男子)
・父思ふ心遠ざけ過ごしてた自分見直し自分あらわる
                (高校二年女子)
・我の目に見えぬ所で努力をし支えてくれることにありがとう
                (高校三年男子)


       ↑大学生による神話劇のシーン









       ↑見事演じきった神話劇のキャスト

◎運営スタッフから生徒たちへ
・「お父さんありがとう」との一言を声に出し心清めゆきけり
・かよさんの笑顔を見れば我が心清く明るく嬉しくなりけり
・集中を乱す輩は許すまじしかど優しき言葉で諭さる
・豊受の神のめぐみを思ひつつ食事する姿はすがすがしけり
・日の本の心を持ちて外国(とつくに)を照らしゆきませ天照大神のごと
・神代より続きし伊勢の御心の「バトン受け継ぐ」と言ひたる君は
・さまざまの自分の壁を乗り越へて見せる笑顔の輝きにけり
・明るさと笑顔をを持って友思ふ隠るるやさしさ心にしみる
・何事もいかなる時も真剣に取り組む姿に心打たるる
・背筋伸ばし講話に耳をかたむける君の姿の頼もしきかな
・日の本の子ら導ゆく師の道に雄々しく進む君守りませ

ページトップに戻る