ホーム当事業団について理事長・理事挨拶
当事業団について

理事長挨拶

理事長 山崎 文靖(元徳島県 小学校校長)

理事長 山崎文靖

 日本の教育は、長い伝統の中で培われた家庭や地域における民間教育の基礎に打ち立てられたものです。たとえば、江戸時代末期(嘉永年間)、民間教育機関である私塾や寺子屋の数は全国に15,000以上を数え、当時の日本は世界最高の識字率を誇っておりました。明治初年に義務教育制度、中等教育制度が速やかに確立した背景にはそれらの民間教育機関の改組転換に負うところが少なくありませんでした。
 このようなわが国の教育の歴史を受け継ぎ、私たちは、青少年の心に「日本人としての喜び・誇り・生き甲斐」を回復し、更に、日本と世界の諸課題に果敢に取り組む、若き日本のリーダーを育成する教育事業を推進するため、全国の大学教員、教師、親、地域の有志によるネットワークを形成し、教育事業を推進して参ります。

理事挨拶

秀 道広(広島大学医学部 教授)

21世紀に期待される教育

 21世紀の世界の中で、科学と自然、いのちの調和を大切にしてきた我が国の伝統、文化を教育に生かし、高い倫理観、生命観、そして豊かな感性を育んでいく教育が求められています。青少年行事はそうした期待にお応えできる教育事業です。

内田 智(弁護士)

日本文化、伝統を伝えよう

 祖先から伝えられた貴重な日本文化と伝統を子供達に正しく継承させていくことが教育の中核となるべきです。この事業団が、日本社会と人類に対して真に貢献し得る有為な人材を各界に輩出することを切望します。

山川 洋一(長崎県立小学校 元校長)

豊かな感性を育もう

 子供たちは和歌作りや歴史や友との出会いを通して豊かな感性を育み、日本の心、本物に出会うことで感動し、真実の道を歩き始めます。生き生きとした輝きを発見し、大いなるロマンをもつことができるのが青少年合宿などの教育事業です。ぜひ、ご参加ください。

顧問

中西 輝政(京都大学 名誉教授)

畠山 圭一(学習院女子大学 副学長)

ページトップに戻る