ホーム201210月
教育通信
  • 保護者・教育関係者
  • 中学生・高校生

2012年10月の記事一覧

保護者・教育関係者へ

2012年10月17日

家庭の歳時記 10月~神嘗祭~

家庭の歳時記
●「神嘗祭」 十月十七日 伊勢神宮

うち続く田は豊かなる緑にて実る稲穂の姿うれしき
 
平成七年に今上陛下がお詠みになられた御製です。
私の家の近くにも田んぼがあり、今収穫の真っ盛りです。
おじいさんもおばあさんもお父さんお母さん、恥ずかしそうに手伝っている子供と、
家族総出の稲刈りの風景。豊かに実る稲穂の風景は、
遠くで見ている私まで幸せにしてくれます。
「稲穂の姿うれしき」とお詠みになられた陛下のお心は、おそらくもっと深く切実なものと拝察いたします。
全国で初穂が実る十月、伊勢神宮では年間を通して最大のお祭「神嘗祭」が行われます。
このお祭は、元正天皇の養老五年(七二一)九月乙卯の日に始まりました。
その後応仁の乱をきっかけに、およそ四百年の中断を経て、明治六年に復活されました。
先日、天皇陛下が皇居内の田で、お手植えの稲の稲刈りをなさいました。
その初穂が勅使によって伊勢神宮に捧げられます。
また、伊勢神宮の神田で神官の手で育てられた稲穂が供えられます。
伊勢神宮の内宮では、十月十六日の午後十時より「夕の由貴大御饌(ゆうのゆきのおおみけ)」が、
また十七日の午前二時より「朝の由貴大御饌」が厳かに行われます。
正午には、天皇の勅使がご神前に幣帛(へいはく・・・五色の絹)を捧げ国家の安泰を祈り、
五穀豊穣を感謝されます。
由貴大御饌では新穀で調理された御飯、新酒を中心にご馳走が供えられるといいます。
尚、外宮においては、内宮より一日前にお祭が執り行われます。
日本の国は、邇邇藝命(ににぎのみこと)が天孫降臨される時、
天照大御神より神鏡と稲穂を授けられ、瑞穂の国として言祝がれました。
そして、毎年行われる「神嘗祭」に初穂を捧げられ、天照大御神に豊年を奉告されるのです。
天皇陛下の「うれしき」というお言葉の深さがしみじみと感じられます。

written by 椛島

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「まほろばの風Vol1」
子供達の心を育てる徳育(道徳)教育の実践集!
論語等の素読、偉人伝、人生を語る講演(鍵山秀三郎先生、
小野田寛郎先生他)等。B5・100頁、1,000円
詳しくはこちらhttp://mahoroba-ed.org/join#mahorobanokaze
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

保護者・教育関係者へ

2012年10月9日

家庭の歳時記 10月~中秋の名月~

今年の夏は「猛暑」の一言でした。
それもほんの1ヶ月前までは。
それがお彼岸を境に空気が秋に変りました。

秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる (古今集)

千年以上も前に詠まれた和歌ですが、現代の私たちも「ああ、そうそう」と分かってしまう。
この微妙な季節の変化を日本人は敏感に感じ取りながら、独特の心を養ったのでしょう。
そして、「中秋の名月」。
今年は9月30日でしたが、日本中台風襲来で、満月を見ることは叶いませんでした。
台風一過の一日遅れの名月を楽しみました。
おぼろ月夜でしたが、美しいお月様でした。
1年間に12から13回出る満月ですが。
やはり秋の夜空にのぼる月は格別。
昔は、月の暦(太陰暦)を頼りに農耕が営まれていました。
収穫の秋は一年で一番幸せなときです。
月に栗や芋や果物など穫れた作物を供え、手を合わせたのではないでしょうか。
地方によってはその日を「稲草祭」と呼ぶ所もあるそうです。
平安時代に月見の行事が中国から伝わったと言われていますが、
もっと以前、それこそ稲作が始まった頃から月に感謝する習慣はあったのではないでしょうか。
すすきやお団子をお供えして月見をする習慣は、今に伝わっています。
子供は大喜びします。この日ばかりは、お供えの団子を好きなだけ食べても叱られませんでした。
神様に捧げた物を皆で分かち合うということを良しとする心を表しているそうです。

written by 椛島

ページトップに戻る