ホーム20126月
教育通信
  • 保護者・教育関係者
  • 中学生・高校生

2012年6月の記事一覧

保護者・教育関係者へ

2012年6月27日

10代を生きる君たちへ~幕末の志士・吉田松陰に学ぶ③~

かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂

ところでこれまでの内容だけでも吉田松陰が立派な教育者であったことが理解できるでしょうが、
松陰の教育者としての真骨頂は、松下村塾以前の野山獄にあったと考えています。
野山獄とは、今日でいえば刑務所のような所で、いわゆる罪人たちがいるところです。
なぜ松陰が罪人として野山獄にいたかというと、
国禁を犯して海外に遊学(今でいう留学)したいと考え実行したからでした。
遊学したいとの理由は、いうまでもなく、外国に負けない立派な国にするためには、
まずは外国の良いところを学ばなければならないと考えたからです。
江戸時代は鎖国が国の決まりですから、これを破ることは重罪です。
幕末の歴史に疎い人でも、ペリーの来航を知らない人はいないでしょう。
米合衆国の代表として、日本に開国をせまった人です。
松陰は、ペリーが二度目に来航した際、伊豆下田沖に停泊していた軍艦に乗り込み、
米合衆国への渡航をお願いしたのです。残念ながらその願いは聞き入れられず、
送り返されてしまいました。遊学の志を断たれた松陰は、その足で自首し、
しばらくは江戸の獄にいましたが、やがて国元に返されることになり、
萩の野山獄に入れられたのです。
はじめの歌は、松陰が江戸に護送される途中に詠んだものです。
烈々とした気持ちのほとばしりからでた、やむにやまれぬ心のうちをのべたものです。

普通の人であれば、世間から離され、しかも罪人として獄につながれることは、
生きる希望を失うことであります。松陰は、逆に静かに学問にうちこめるよい機会と考えたのです。
できるかぎりたくさんの本を読もうと決意した松陰は、兄や友人にお願いして、
読みたい本を届けてもらいました。米国へ渡航できず、ペリーを説得できなかったのは、
自分の学問が足らないせいだと考えていた松陰は、
これまで以上に広い範囲にわたって学ぼうとしていたのです。
その範囲は、これまでの兵学を中心としたものだけでなく、
歴史、地理、伝記、医学、政治、道徳などにおよびました。
松陰の野山獄での生活は、およそ一年と二ヶ月。この間に読んだ本の数は、
なんと六百二十冊、一ヶ月平均では約四十冊の本を読んだことになります。
しかし、これでも、兄や友人にあてた手紙には、自分の学問の浅いことを嘆き、
悔しく、涙することが多いと伝えているのです。なんという学問への情熱でしょう。
松陰の読書は、ただ読むだけではありません。
大切と感じたところは、必ず書き留めておき、その意味することろを考えました。
昔の人の考えを学びながら、現在の時代に生きる自分にとって生かせる事は何か、
常に考えながら読み続けていきました。現実から離れて真の学問はないと考えていたのです。

 至誠にして動かざるもの、未だ之れあらざるなり



この野山獄には、多くの罪人たちがいました。
しかもほとんどのものが、この獄から将来出られる見込みがなく、
誰もが自暴自棄になり、獄中の生活をしていたのでした。
松陰は獄中の人々に、いかなる場にあっても希望を失ってはならない、
ともに学問に励もうではないか、と訴え続けたのです。
「至誠にして動かざるもの、未だ之れあらざるなり」。
この言葉の意味は、人はまごころをもってすれば感動しないものはいないということです。
いかに獄中であっても、罪人であったとしても、
まごころを持って接してゆけば必ず分かってくれるとの信念を示した言葉です。
そうは言っても、初めのうちは誰も耳を貸そうとしませんでした。
それはそうでしょう。出られる見込みのない獄で、自分を見失わずに生きることなど、
そう簡単にできることではありません。
しかし松陰のあまりの熱心さに、やがて心動かされるようになり、
ともに学ぶようになったのでした。
松陰は、光り輝く存在として、獄中の人々を生き返らせたのです。見事でした。
また、獄中の勉強会は、松陰の講義にとどまらず、
習字、絵画、俳句などについて得意とするものが教えることになり、
松陰も一緒に学びました。
(次回に続く)

保護者・教育関係者へ

2012年6月20日

10代を生きる君たちへ~幕末の志士・吉田松陰に学ぶ②~

吉田松陰は、山口県萩(長州藩)の出身です。
明治時代の伊藤博文や幕末の奇兵隊を指揮した高杉晋作を知らない人はいないでしょう。
実は、伊藤博文、高杉晋作、品川弥二郎は、
吉田松陰が安政三年から四年にかけて松下村塾という私塾(今で言えば私立高校)で
教えていたときの生徒たちだったです。
この松下村塾には、幕末から明治の激動の時代を生きたたくさんの英傑たちが学んでいました。
誤解がないように断っておきたいことは、はじめから英傑と呼ばれるような人たちが
集まってきたのではないということです。
彼らは悪く言えば落ちこぼれのような存在、
当時では鼻摘み状態であった者もたくさんいたのです。
しかも士農工商という厳しい身分の違いがある時代でもありました。
しかし吉田松陰は、だれでも分け隔てなく公平に教育者として対応し、
やがて日本の中核をなすような、数多くの人材を育てていったのです。


ここで簡単に、吉田松陰の生い立ちについてふれておきましょう。
吉田という姓を名乗っていますが、もともとは杉百合之助の次男として生まれ、
幼い頃から、父から「大学」「論語」「孟子」などを教えられて育ちました。
なかでも「神国由来」という日本の成り立ちについては好んで朗読したということです。
六歳になると吉田家の養子となり、兵学という武士としての心得や
戦い方を教える先生となるための学問に励みました。
二十歳を迎える頃には、日本全国を旅行して歩き、多くの先生について学びました。
この頃の日本の周辺では、ロシアや他の外国船が出没しており、
松陰にとって長州藩だけでなく、日本全体をどうしたら守ることができるのかが
課題となっていました。そこへペリーひきいる米国の艦隊が来たのです。
日本中が大騒ぎとなってしまいました。松陰も黙ったままではいられません。
即行動にでました。ただこれが重大な問題となったのですが、
これについては後で詳しく述べましょう。
これから後、しばらく経ってから松下村塾の先生になります。

「松下陋(ろう)村(そん)雖(いえど)も誓って神国の幹たらん」

これは吉田松陰が松下村塾の目標を的確に言い表している言葉です。
松下村塾は、世間ではだれも知ることのない、小さな無名の塾ではあるけれども、
必ず神の国であるわが国を背負って立つ人材を育てようとの覚悟がこめられています。

松下村塾の跡は、現在、松陰神社として残っており、だれでも見学できるように保存されています。
行ってみるとだれもが驚くほど簡素なつくりで、
とても明治の英傑たちを輩出したとは思えない粗末な建物です。
ただこの松下村塾から、まぎれもなく日本を背負って立つ人材が生み出されたのです。

こうした事実を、いたずらに過大評価することは戒めなければなりませんが、
現代に生きる私たちが、吉田松陰から真剣に学ぶべきものは、
一にも二にも、志であり、情熱であります。
現実を変える力は、志や情熱の有無にこそあるのです。
何事にあっても、ことを成就するには、それなりの環境の整備が必要です。
ただ問題は、環境の充実がなくては何事もなしえないかのように振る舞うことほど、
人間としてもっとも恥ずかしいことはありません。

松下村塾での教育は、志や情熱によって支えられ、
口角泡をもとばすほどのすさまじい議論が毎日のように行われていました。
ときには意見の食い違いから、喧嘩になることもあったにちがいありません。
なんと乱暴な人たちの集まりなのだろうかと思われるかも知れませんが、
これも真剣さのあらわれでした。しかし議論だけではありませんでした。
先生と塾生がともに汗をながし、田畑を耕しながら、自然にふれあいながら、
ともに学び前進しようという謙虚な姿勢の中で地道に行われていたのです。

「机上の空論、書生の好むところ 烈士の恥ずるところなり」

松陰は塾生に対し、常にこのように言い続けました。
「机上の空論」厳しい言葉です。議論は大切であるが、
行動がなければ真の議論ではないという意味でしょう。
松陰は塾生たちが議論している内容は、「机上の空論」であり、
それではこの社会を変えることはできないといっているのです。
ここでいう「烈士」とは、社会や国のために、全力で行動する人のことをいいます。
もともとこの言葉は、「新論」という書物に対しての批判の言葉でした。
この当時は多くの国家改革のための書物が出回っていたのですが、
松陰にとっての学問は、実学であり、現実に役立たないものは真の学問と考えていなかったのです。
「誓って神国の幹たらん」という志は、ただの大言壮語ではなく、
日々の着実な実践の積み重ねのなかにあったのです。
(次回につづく)
written by 丸幸生(まほろば教育事業団副理事、京華商業高等学校教諭)

ページトップに戻る