ホームカテゴリー '教育通信'
教育通信
  • 保護者・教育関係者
  • 中学生・高校生
保護者・教育関係者へ

2016年5月20日

熊本地震から一ヶ月あまり

熊本地震から一ヶ月あまりが経過しました。
亡くなられた方々の御霊に心から追悼の祈りを捧げると同時に、被災された方々が一刻も早く元通りの生活を取り戻すことができますよう、お祈り申し上げます。

本会の会員の中にも、自宅が被害に遭われた方もいらっしゃいますが、自ら水くみのボランティアをされたり、お風呂を提供されるなど、ふるさとの復興のために尽力されています。
また、本会の高校生の中には自発的にボランティアに参加するメンバーもいました。
「ボランティア受付には学生から外国の方まで、たくさんの人が並んでいました。何かあった時にお互いに支え会えるのはすごく良いなあと感じました。
一人暮らしの方の家の片付けを手伝いました。本当に助かった、と言ってくださって嬉しかったです。
熊本は普通の生活が戻りつつある地域もあるけど、ボランティアを必要としている方々はたくさんいらっしゃいます」(佐賀・高校3年女子記す)

そして、天皇皇后両陛下は19日、地震で大きな被害を受けた熊本県を御訪問され、南阿蘇村と益城町の避難所で被災した人たちを見舞われました。
一人一人に膝をついてお見舞いのお言葉をかけられたそうです。
被災された方々にとってどれほど大きな心の支えになったでしょうか。

関東でも数日前に大きな揺れがありました。東日本大震災の時を思い出し、不安な気持ちになりましたが、こんな時、支え会える家族がいることの有りがたさを痛感しました。
当たり前の日常に感謝できる心を、この夏の青少年合宿においても、心をこめて子供たちに伝えて参りたいと思います。

保護者・教育関係者へ

2015年12月21日

近畿で第五回日本発見講座を開催!

*近畿で第5回日本発見講座を開催しました!*

みなさま、いつもありがとうございます。
去る12月20日、今年最後の日本発見講座が京都で開催されました!
京都霊山護国神社の境内を清掃し、来年度に向けての抱負を和歌に詠みました。

「先人の言葉を胸に刻みつつ日々の学びに励みゆきたし」(高1女子)
「英霊に感謝を込めて落ち葉をば箒ではきゆきあなすがすがし」(大学生)
「頼もしき若き友との出会ひこそ御霊護りと今更に知る」(教師)

その後、立命館大学・皇學館大学の先輩より、お話いただきました。

「先人(特攻隊)は『死んだ』のではなく、全力で『生きた』というお話が心に残りました。これからも先人や偉人学びを大事にして、思いを受け止め、全力で『生きた』ことを色んな人に伝えていく努力をしていきたいと思います!」(高1女子)

今年のしめくくりにふさわしい、多くの学び感動あふれた発見講座となりました!
来年は、1月17日か31日に予定しています。
場所は神戸の湊川神社(予定)で、楠木正成公について学びたいと考えています!
来年も、10代生きる若者同士、先人お姿を鏡にして、人生を貫く志を見つめていきたいと思います。
ぜひ、来年も近畿近郊にお住まいの小学生高学年・中学生・高校生のお子様・ご親戚・近所のお知り合いがいらっしゃる方は、日本発見講座におこしください!
すばらしい友と、歴史と、言葉と出会うことができます!

保護者・教育関係者へ

2015年11月13日

今週の日曜日は日本発見講座!

*今週の日曜日は日本発見講座!*
みなさま、いつもありがとうございます。
今週末の15日は、京都と佐賀で日本発見講座が開催されます!
どちらの会場も、護国神社を舞台に、清掃奉仕体験と、日本を築いた偉人のお話をきくことができます!
まだまだ参加申込み可能ですので、京都・佐賀近郊にお住まいの10代(小学生高学年~中高生、一部大学生も)のみなさんや、お子様・お孫様・親戚がいらっしゃる方、ぜひご参加ください!

【京都会場】

日 時   11月15日(日)
 9:00 阪急「河原町」駅集合 
 15:30頃 閉会
 参加対象 中学生・高校生  (希望者は大学生、小学5・6年生も可能です。)
 参加費  1,000円
 服装 清掃ができる動きやすい服装
 持ち物 タオル、帽子、水筒、筆記用具、雨具、軍手
近畿地区担当 吉田明徳 TEL090-6919-6221

【佐賀会場】

日 時   11月15日(日)
 10:30 佐賀県護国神社集合 
 15:00 閉会
 参加対象 中学生・高校生  (希望者は大学生、小学5・6年生も可能です。)
 参加費  500円
 服装 清掃ができる動きやすい服装
 持ち物 タオル、帽子、水筒、筆記用具
九州地区担当 馬場 健 TEL090-8391-1157

保護者・教育関係者へ

2015年10月28日

佐賀で「日本発見講座in九州」が開催されます

*佐賀で「日本発見講座in九州」が開催されます!*

みなさま、いつもありがとうございます。
来る11月15日(日)、佐賀県護国神社にて、第一回日本発見講座in九州が開催されます!!
歴史の偉人講話や、神社の清掃奉仕を体験することができます。
終戦70年、先人への感謝の心でご奉仕させていただきます。…
ぜひ、佐賀近郊にお住いの10代の方々、またお子様や知り合いにいらっしゃる方はぜひぜひご参加ください!!

日 時   11月15日(日)
10:30 佐賀県護国神社集合 
15:00 閉会
参加対象 中学生・高校生  (希望者は大学生、小学5・6年生も可能です。)
参加費  500円
服装 清掃ができる動きやすい服装
持ち物 タオル、帽子、水筒、筆記用具
連絡先  
認定NPO法人まほろば教育事業団  TEL 03-3485-6554
FAX 03-6912-1720
東京都渋谷区神山町 24-11-202
九州地区担当 馬場 健 TEL090-8391-1157

保護者・教育関係者へ

2015年10月19日

近畿で日本発見講座と収穫祭を開催

*近畿で日本発見講座と収穫祭が開かれました*

みなさま、ありがとうございます。
秋晴れの10月18日、京都霊山護国神社の清掃奉仕と、大阪でお芋掘りと収穫祭が行われました!
午前は、パール判事の碑のお掃除や、慰霊碑のお掃除を通じて、感謝の思いがあふれてきました。とても清々しい気持ちになりました。

午後からは、小学生や幼児のみんなも一緒に楽しくお芋掘りをして、神様に感謝の思いでお捧げしました。
素読をしたり、10代のみんなで大いに語り合う中で、毎日を精一杯生きようという活力が湧いてきました!
近畿まほろばの会、近畿の友の会「呉竹」のみなさん、すばらしい報告をありがとうございました♪

保護者・教育関係者へ

2015年10月16日

京都で第3回10代のための日本発見講座開催

*京都で第3回10代のための日本発見講座開催*

みなさま、ありがとうございます。
いよいよ明後日、10月18日(日)10:00〜第3回日本発見講座を京都で開催します!
今回も、京都霊山護国神社の清掃奉仕に参加いたします!
先人への感謝の気持ちで清掃奉仕をしましょう!…
また、10代の心の根っこを培うお話しや言葉を刻む時間もあり、参加者たちも和気あいあいと、自分の夢を語り合ったり、悩みを相談し合ったりしています。
ぜひ、近畿近郊にお住いの10代の方々、またお子様や知り合いにいらっしゃる方はぜひぜひご参加ください!!

日 時   10月18日(日)
9:00 阪急「河原町」駅集合 
15:30 閉会
参加対象 中学生・高校生  (希望者は大学生、小学5・6年生も可能です。)
参加費  1,000円
服装 清掃ができる動きやすい服装
持ち物 タオル、帽子、水筒、筆記用具、雨具、軍手
連絡先  
認定NPO法人まほろば教育事業団  TEL 03-3485-6554
FAX 03-6912-1720
東京都渋谷区神山町 24-11-202

保護者・教育関係者へ

2015年9月25日

京都で第2回10代のための日本発見講座(近畿)開催

*京都で第2回日本発見講座(近畿)開催*

みなさま、ありがとうございます。
9月20日、快晴の京都で、日本発見講座が開催されました
京都霊山護国神社の清掃奉仕を行いました。
神聖な慰霊碑の周りを、英霊の方々への感謝を込めてご奉仕させていただきました。
とても有難い体験でした。

保護者・教育関係者へ

2015年7月8日

10代のための日本発見講座開催!in高槻

日本発見講座in高槻が感動とともに開催されました‼
東井義雄先生の、心の根っこを培う言葉にふれたり、日本とパラオの絆を通じて新しく日本を発見したり…、
江田島での中高生セミナーでの再会を約束しあいつつ、充実した時となりました❗️
写真は、これからの日本を担う決意を込めて雄々しく出発する若人の姿です!

保護者・教育関係者へ

2015年4月30日

昭和の日・青少年の集い報告

*「昭和の日」青少年のつどいを開催しました!(平塚・太宰府)


みなさま、いつもありがとうございます。
「昭和の日」にちなみ、平塚八幡宮と太宰府天満宮にて、小・中・高生が集まり、昭和天皇の勉強を行いました。
平塚八幡宮では、日本舞踊のお稽古に通っている生徒さんたちや、学校の友人を誘い合って参加しました。
礼儀作法が素晴らしく、目をキラキラと輝かせて、一生懸命に話しに聞き入っていました。
小学生たちは、昭和天皇の戦後の全国ご巡幸のお話がとても心に残りました。
「昭和天皇がこんなにお優しい方だと初めて知った」
「昭和天皇は勇気のある方だ」
という感想がありました。

中高生の部では、昭和天皇の御心を受け継がれてパラオへ御訪問された今上陛下についても学びました。
「天皇陛下は本当に優しくて、日本国民一人一人・戦争で亡くなられた方々一人一人に思いをもっておられる。知らない人を思って、考えて祈るのは難しいことだと思う。天皇陛下がご訪問されると、天皇陛下をお迎えされた方に希望の光や生きる勇気を与えてくださるのだと思う」(中2女子)
「一番心に残ったのは、戦争の時に昭和天皇が戦争をやめると決心されたことです。この時に昭和天皇が戦争をやめると言っていなかったら、今の日本はどうなっていたのだろう。私はこの世界で生きることができていたのか、などと考えると、あらためてその時の昭和天皇の決心の重大さを観じました。」(中2女子)
「マッカーサーとの会見の時に昭和天皇が言われた言葉がすごく印象に残りました。戦争をやめると決心した時、昭和天皇が涙を流して決心したことや、会見の時も第一に日本国民のことを大事にされていた事を今日初めて知りました。」(中2女子)
このように、昭和天皇を直接知らない子供たちも、たくさんの発見や感動がありました。また、高校生の中には、「日本のことが好きな人が増えるにはどうしたらいいか話し合いたい」という意見もありました。

この集いの感動を胸に、日本を支える一人一人として大きく羽ばたいていってほしいと願いつつ、閉会しました。

保護者・教育関係者へ

2015年4月1日

第8回高校生リーダー研修会開催!

*第8回高校生リーダー研修会開催!

みなさま、いつも有り難うございます。
諸般の事情により、急遽内容を変更しての高校生リーダー研修会となりましたが、それでも、福岡・佐賀・神奈川から参加をいただき、開催いたしました。
遠方よりご参加いただいたみなさん、送り出していただいた保護者の皆様、誠に有り難うございました。

1日目は、明治神宮参拝と、神宮ご創建の歴史についての研修を行いました。明治神宮ご創建に全国から集まった10万人の青年奉仕団の心に学び、明治天皇のご聖徳を後世に伝えようとされた先人の思いのつまった明治の杜を散策しました。
また、先の大戦による空襲で焼けた明治神宮を復興するため、大分からはるばる自転車でかけつけた青年の心には一同感動をおぼえました。

2日目は、皇居二重橋前と東御苑の散策、乃木神社参拝と乃木希典大将について学びました。
皇居では、終戦のご聖断を仰ぎ二重橋前に集まった国民の慟哭と、祖国再建の志に燃えた昭和の民の思いを偲ぶと同時に、今上陛下御即位20年をお祝いする国民祭典のEXILEの奉祝歌や提灯奉迎の様子を思い浮かべ、皇居前広場は、皇室と国民が苦楽を共にしてきた証である場所なんだと、感動が深まりました。
また、来る4月8日~9日にかけてパラオ共和国を御訪問になられる天皇皇后両陛下がご無事に行幸啓されることを祈念しました。

3日目は、靖国神社昇殿参拝と遊就館での研修を行いました。
参加者は皆初めて靖国神社に参拝し、英霊に感謝の祈りを捧げました。参拝に先立ち、ビデオ「天翔る青春」に出演され、かつて日本軍と共に戦ったパラオのイナボイナボさんの「日本のみなさん、靖国神社にお参りして下さい」という言葉を胸に刻みました。

4日目は、下田へ赴き、吉田松陰先生と弟子の金子重輔の下田踏海にかけた思いを偲びました。松陰先生が身を潜めていた屋敷跡や、下田踏海決行前夜を過ごした弁天島等を訪れ、松陰先生の言葉を高らかに朗誦しました。

5日目は、研修をふりかえり、これから日本がどういう国であってほしいか、それを実現するために各々がなすべきことは何か、ディスカッションをしました。世田谷の松陰神社にて献歌を捧げ、松陰先生のお墓にお参りし、決意を胸に閉会となりました。

5日間、とても充実した研修となりました。

<参加者の感想文より>
「松陰先生は国禁を犯しても踏海しようと試みました。残念ながら失敗に終わりましたが、その後の生き方が素晴らしいと思いました。あんな小さな牢屋に入れられ、いつもどんなお気持ちで日々を過ごしておられたのか、想像もつきません。松陰先生は、命がけで学問をされていて、私たち現代人は「あー、勉強いやだ!めんどくさい。したくない。」などと気軽に口にしていることを恥ずかしく思いました。
日本人の心とは、思いやりがあること、祖国のために尽くすことだと思います。現代人に人の為に尽くすということを伝えたいです。」
(新高校3年 女子)

次へ
ページトップに戻る